スタイリストを目指す人のための、ヘアメイク専門学校の選び方

ヘアメイクの専門学校は、全国各地にかなりの数が存在しており、その中から自分の目的に合った学校を探すのは非常に困難です。知り合いが通っているから、人気があるから、学費が安いからといった安易な選び方では、すぐに後悔します。選び方を踏まえた上で、自分の要望を満たしてくれる学校を選択しましょう。
まず、学校の雰囲気を見ましょう。医療関係や法務関係などのように、就業するのに特別な資格が必要なわけではありませんが、必要な技術・知識を得るためには、最低でも1〜2年は通わなくてはなりません。せっかく高いお金を出して通うのですから、学校の雰囲気が合わない、という理由で辞めるなんてもったいないことだと思いませんか。パンフレット・資料請求はもちろんのこと、オープンスクールや単発セミナー、学校説明会などに積極的に出向いて、どんな校風なのか体感しましょう。もちろん、モチベーションアップにも繋がります。

授業内容や取得資格、費用を見て選ぶ

次に授業内容や取得可能な資格について。カリキュラムは学校ごとでさほど大きな差がないものの、在学中に取得できる資格や、ヘアメイク以外のジャンルの学べる技術には確実に学校ごとに差があります。なりたいスタイルによって、必要な技術・資格は異なります。特に美容師免許は、特定の学校しかないのできちんと確認をしましょう。他にも、ネイリストやメイクアップ、色彩検定などが欲しい方も、一緒に取得できるのか調べておくべきです。
また、費用はかなり正確に調べておく必要があります。例えば音楽レッスンに行くにしても、レッスン月々9000円と書いていても、結局入会金に1万円、教材費に年間5000円、月々の設備費に2000円、といった風にかかる金額は正確に調べなければ騙されてしまいます。
授業料、教材費、研修費、資格取得に必要な費用、入学金に内包されている費用などなど、不透明な金額がないように、きっちりと確認しましょう。実習やワークショップ、資格試験対策の講座に別途金額が発生する、といった事例もあるので要注意です。

体験レッスンやオープンスクールを活用して選ぶ

美容業界に限らず、各種専門学校では定期的に無料体験や説明会を実施しています。ほとんどの学校が無料で参加できるため、逐一チェックして必ず一度は訪問することをおすすめします。
この時、チェックしておきたいのは、学校の雰囲気はもちろん、設備の整い具合やカリキュラムがどのように進行しているか、講師はどんな人物で、生徒はどういった層が多いかなどです。
無料体験会・説明会では、一日もしくは、最低でも2〜3コマの授業を体感できるため、日頃どんな授業を行っているのか、果たして自分に合っているのかどうかを確かめる絶好の機会です。また、体験会の最後に質問を受け付けたり、個別に面談を行ってくれる学校も多いので、ぜひその際に疑問をぶつけて解決しておきましょう。特に、適正判断や卒業後の進路に関して不安を抱えている方は多いので、保護者の方と一緒に受講すると良いでしょう。