ヘアメイク専門学校で取得できる資格

ヘアメイク専門学校で取得できる資格は学校によって違うので、学校選びの際に自分に必要な資格が取得できるかの確認は慎重に行わなければいけません。将来なりたい職業のためだけに資格を選ぶのも良いですが、できれば多くの資格を取得しておけば知識が豊富になり将来役立ちます。学校選びで迷ったときは、取得できる資格の多い学校を選ぶのも一つのポイントです。
美容系の資格は普段の生活でも活かせるシーンが多く、知識を持っていれば例え美容関係の仕事を将来しなくても役立つものになります。学んでおいて良かったと思えるときが必ずあります。
では、学校ではどのような種類の資格を取得することができるのでしょうか。そして、資格がどのようなシステムでステップアップすることができるのかについて考えていきたいと思います。

ヘアメイク専門学校で取得したい資格

一番おすすめで取得しておきたい資格は「美容師免許」です。高校卒業後に美容師養成施設を卒業する必要があります。美容師養成施設で学び国家資格に合格すれば取得できます。試験は実技と筆記になります。
「JMAメイクアップ技術検定」も美容関係で将来お仕事をするなら取得しておきたい資格です。4級から1級までのレベルがあり、4級から順番にステップアップしていくシステムになっています。4級は筆記試験だけですが、3級以上は筆記試験と実技試験があります。また、1級では接客マナーやカウンセリングスキルテストも行われます。
美容関係のお仕事をするなら「パーソナルカラー検定」も取得している方が有利になります。色彩に関する知識と配色に関するスキルを身につけることで取得できます。3級から1級まであり、3級と2級では筆記試験、1級では筆記試験と実技試験があります。

ヘアメイク専門学校で取得できる特化した資格

職業に合わせた資格の取得についても知っておくと便利です。同じ美容関係のお仕事でも、特化した資格があるからです。
例えば、「ネイリスト技能検定」は名前の通り、将来ネイリストになりたい人には欠かせない資格です。最近では美容関係の他の職業からも注目されている資格なので、ぜひ取得しておきたい資格です。ネイリスト育成が目的の資格で、3級から1級まであります。全ての試験が筆記と実技で、2級以上になると合格率が50%以下という厳しい試験です。しかし、1級になるとトップレベルの技術力があるとみなされ、国内だけでなく国外でも活躍できる国際的なネイリストとして認められます。
他にも「アシスタント・ブライダル・コーディネーター検定」では、将来結婚式場などのブライダル関係で働くなら必要になります。試験は筆記試験のみで、階級もありません。