技術と知識を専門学校で学んでヘアメイクアーティストをめざす

美容師、ネイリスト、エステティシャン、メイクアップアーティストなど、美容関連の仕事はたくさんあります。その中でも、最近注目を浴びているのが、ヘアセットやメイクを行うヘアメイクアーティストです。モデルやタレント、女優などから一般の人まで、幅ひろい層を対象にヘアアレンジ、メイクアップを行うのが仕事です。
この仕事に就くのに必要とされる資格はありません。こうすればなれるという定まった道筋もありません。だからこそ、成功するには確かな技術と深い知識が必要とされます。そのため、多くの人は美容系の専門学校やメイクスクールなどに進学し学びます。アシスタントになって技術を習得するといったケースもありますが、アシスタントとして採用されるにもやはり最低限の知識や技術が求められることが一般的です。学校で学ぶことが効率的で確実な方法といえます。

取得しておくと仕事に生かせる資格

ヘアメイクアーティストは髪をいじりますが、美容師とは異なり、はさみを使用してお客様のヘアカットなどを行うことはできません。もちろん、仕事としてカラーリングを行うこともできません。美容師免許があればこれらが可能になるため、取得しておくと、仕事の幅を広げることができます。
美容師免許を取得するには厚生労働省認可の美容専門学校で2年(通信課程は3年)学んで受験資格を得、国家試験を受けて合格する必要があります。学校に進学するなら、美容師免許受験資格が得られる美容専門学校を選び、美容師免許を取得することを目指すのもおすすめです。
またメイクアップ技術検定や、ネイリスト技能検定、パーソナルカラー検定、着物着付け師、ファッション色彩能力検定などの関連資格も取っておくといいでしょう。

美容系学校を卒業した後のルート

美容系の学校を出た後は、いくつかのルートがありますが、ヘアメイク事務所、ブライダルサロン、プロダクションなどにつとめ、現場でヘアアレンジやメイクの仕事をこなして経験を積むのが一般的です。普通は、入社して数年の間は先輩アーティストのアシスタントとして現場経験を重ねます。また、狭き門ですが、フリーで活躍しているアーティストのアシスタントになり、技術を学ぶというルートもあります。
美容師免許を取得してヘアサロンに勤務し、数年間現場経験を積んでから転職したというケースもあります。
現場で充分に経験を積み、実力を磨いた後は、独立してフリーで活躍することも可能です。実力を認められるようになると、指名を受けて担当できるようになったりと、新たに活躍の場を広げていくことができます。また、海外に拠点を移し、活躍しているアーティストもいます。